045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 新兵器?(がまたすごいことに)。 | main | 4番打者:Fender Jazz Bass 1963 (その3) >>
# 8番打者:FREEDOM Semi-Order PB (その2)

その1より続く) 

さて、エントリーの順番がごちゃごちゃになってしまっておりますが
Freedom Semi-Order PB の続きです。

freedom1

ということで購入したこちらのベース、Semi-Order PB (Proto type)
あります。以前にもこういった表記の個体を見たことがありましたので
素朴な疑問として「プロトってどういうことですか?」と訊いてみますと、
応対をしてくれた若い店員さんがこっそり教えてくれました。

購入後すぐにこの商品の紹介はお店のサイトやデジマからも下げられて
しまいましたので、この辺の事情はあまり書かない方がいいのかなーとも
思いましたが、別に騙されたワケじゃないですし(笑)、「どんな出生の
秘密があろうと現在のキミが好きだ。(?)」という気持ちには変わりませんので。

ということで、このプロトくん、実は『この人』と兄弟だったのです。
(さらに詳細は コチラ にも。←このページは「商品情報」としては古いものです
つまり2008年に製造され、諸般の事情でFrettedに生まれ変わった(←もちろん
Freedomさんの手によって)プロトタイプ、というワケです。なので
この仕様の個体はもしかしたら世界にコレ1本のみ、かもしれませんね。(?)
 
freedom7   freedom9      
     ← Freedomをお持ちの方はわかると思いますが、
  通常ヘッド裏に入っている「STAINLESS FRET」の
  ロゴが入っていません。
  旧規格?時は指板がエポキシ加工でしたので、表面に
  関しては少し削った、ということかもしれませんね。
  当然ながらまったくそんなことはわからない仕上がり
  です。




で、このプロトくん、Frettedに生まれ変わったといえ、個体としての特徴は
前出のHPの記述に全く偽りナシ、といった感じです。まず手にした印象は
「とにかく軽い。」
3.7〜3.8kg ということで、バランス的にはネックがしっかりしている分だけ
少々傾く感じですが、「これはこういうもの」という範囲です。ペグをGOTOの
ジュラルミンに替えるという手もありますが、現状1弦7Fあたりのデッド・
ポイントも気にならない範囲ですので、あまり変にいじらない方がよいな、
という判断です。

本体の軽さの要因は「材」に加え、ボディ自体の厚さです。
通常のFenderタイプが42mmの厚さであるところが、こちらは40mmと
薄く加工されています。「たかが2mm」と数値上は思ってしまいますが、
これが実際手にしてみますと数値以上の差異を実感できます。

freedom8 
 ←左は62PB。
 濃い「収縮色」である62PBと、明るい「膨張色」である
 プロトくんという条件の差があって、写真では少々判りづらい
 のですが...。


freedom11

↑ヘンなアングルですみません。(笑)

セットネックのタイプなどでは薄いボディはよくありますが、Fenderタイプで
この感じ(エルボーのコンターも深めなのでボディエンドの上側面は特に薄い!)
はちょっと新鮮です。

明らかにこのボディ特性および極薄のラッカー塗装はサウンドにも影響していて、
よくあるヤ●オクの常套句、
「激鳴り」(爆)を体感できます。ボディを通じて身体に伝わる心地よい振動、
およびキチンとボディの芯から鳴っていることが判る出音は本当にキモチ良い
の一言です。きっと一晩でも弾いていられます。(←実際本当にやりかけましたが
体力の関係でそのままの姿勢でソファーで朝まで撃沈....って中学生かい!)

「軽い個体」に関して、「どうかなー」という発言を以前のエントリでした気も
しますが(苦笑)、好き嫌いは当然あっても「良い悪い」は個体レベルの話で
あって、一概に「軽いからどう、重いからどう」は言えませんね。

ただこのプロトくんも音の傾向は「明るい」「軽快!」であって、決して重量級の
ズシン!とくるサウンドではないです。まだスタジオで大音量で鳴らしてないですし
バンドサウンドの中でどう響くのかも未知数ですが...。

なにせ、気に入っていますよー!

新品購入とはいえ、最初に製造された段階からは1年以上経っていることもあって
こなれている部分もあるのだと思いますが、この後の経年変化も楽しみな1本です!


BGM : 「100 nen」 FRICTION ♪
(Freedom の製品保証は100年!孫の代までよろしくお願いします/爆)

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:30 | category: FreedomCGR PB type |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:30 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links