045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「とっかえっこ。」(Shecter/Sonic JB編) | main | 「とっかえっこ。」(Bellwood Super Swinger編 ) >>
# 「とっかえっこ。」(Freedom CGR PB編)

さてお次は「Freedom CGR PB Type」です。

こちらも4年半前と全く同じ作業を行います。(笑)

ペグを「GOTOH GBR-640」のジュラルミン・タイプに。
ブリッジ(サドル)をチタン・タイプに載せ替えます。

こちらのFreedom PBは新品購入後、所有楽器(プレベ)増え過ぎを反省し一度手放した楽器なのですが、楽器自体非常に気に入ってはいて、その後激しく後悔。ところが数年後、売ったお店に再度中古品として出戻ったところをめでたく捕獲した、という運命的な(ありがちな話?)1本であります。(C葉さんその節はありがとうございましたw)

FRCR01FRCR05

ということで、ペグは「Shecter/Sonic JB」に載せていたものとそのまま取り替えっこ。
取り替えるのはペグ本体部分のみ、ブッシュやビスはずっと元のままです。
作業自体はサクっと完了。

そしてブリッジはオリジナルのものからチタン・タイプに替えます。こちらは最新のステイタスとしては「スズキさん」ことBellwood Super Swinger に載せていたのですが、こちらを再び移植。


FRCR02

なつかしいラッカー塗装付着とボディの剥げ痕。ってか、先のエントリー2010年8月時より部位的に増えてはいないか?!(苦笑)
そしてブリッジ痕がはっきりわかるくらいにボディの色も経年変化しているようですね。


FRCR03

こちらも作業自体はサクっと。

弦はこれまで張っていたダダリオのフラット弦をそのまま張り直し。(経費節減?)
プレベに関しては古い弦が気にならない...ってか、マッチング的には好きなくらい。
そしてプレベに関してはトマのフラットではなく、ちょっとテンション強めのものを弦高も少し高めで、ガッツで弾く?!スタイルが好きです。

こちらもネック、サドルまわり微調整のみで終了!



FRCR06


もともと本体重量が3.7〜3.8kgという軽量な楽器で、それを今回の改修でさらに軽くしているのですが、本体および出音の「取り回し」がより軽快になります。元々の楽器の造り自体がシッカリしている&フラット弦による安定感もあり、このセットアップは本当に好き。この先また他のプレベを入手することがあっても(苦笑)、このベースは二度と手放しません!


さてさて、まだ作業には続きがありますね。



 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:19 | category: FreedomCGR PB type |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:19 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/340
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links