045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< GWの楽器メンテ(その2-1:WARMOTH JB) | main | GWの楽器メンテ(その3:MUSICMAN STINGRAY) >>
# GWの楽器メンテ(その2-2:WARMOTH JB)
 
(その2-1より続く)

ということで入手したWARMOTH JBですが、若干重量バランスがネックに傾く感じを少し補正したいな、とも思い、ブリッジを替えてみることにしました。

wmJB10

元のブリッジはどこのメーカーのものか不明ですが、サドルなどはちょっとチタンっぽい質感でこれはこれで悪いものではなさそうです。ただ質量的にはかなり軽めでしたので、ここはひとつバダス投入!といきましょう。

ちなみに元のブリッジを外してみますと...

wmJB11

ほほう、この落とし込みは?!なかなか細かい配慮がされているようです。
(そして「ほぼ新古品?」と書きましたが、ボディは色焼けしているんですかね。)

wmJB13

なんかこのバダスも使い回しを重ねて(苦笑)ここだけ年季が入ってしまいましたね。


wmJB3


ストラップで下げたときのバランスは大分良くなりました。ジャンボ・フレットとのコンビネーションによるちょっと大味?なフィーリングも、これはこれでアリではないかと。
ちなみに弦はこちらも購入時ダダリオが奢られておりまして、おそらくお店で張られてからさほど時間も経過していないと思われたので、当面このままダダ継続で行こうかと。アッシュでバダスで、となるといつものトマのラウンドでなくとも良いのではないかな〜と思っています。



 そして前回エントリーで書き忘れましたが、「ホントにWARMOTH製か確かめよう」ということで、ネックのジョイントを外してみたのですが、ここのジョイントが非常にタイト!ここまでギッチリな接合は初めてかも。いや、本当にビス留め要らんのじゃないか?という位。
逆に、今度は組み込む際に非常に難儀しまして(汗)、


wmJB17

 その代償としてサイドの塗装が欠けるということに。(泣)





wmJB16


あらら。


さてWARMOTHネック、巷では諸説あるようですが(動きやすい、等)、こちらのネックも実は未塗装状態。ここから梅雨〜夏の季節を無事に乗り切ることができるのでしょうか?!


まぁそれはそれで、blogネタとしてはいろいろあった方が面白いかもしれませんね。(苦笑)


wmJB2


ひとまず「WARMOTH JB」に関してはここまで!

次回(その3)に続きます〜。(いつUPできるやら)





| comments(5) | trackbacks(0) | 01:09 | category: My Basses (History) |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:09 | category: - |
コメント
へー、どんな音がするのかしら?また
弾かせてくださいな。
| shinmei_t | 2013/05/07 7:21 AM |

>shinmei_t さん

こちらはいつでも〜。
大きい音を出して発散したいですねぇ!
| nyakkeee | 2013/05/08 8:52 AM |

WARMOTHだったか〜。
LAKLANDだとブリッジが違うし・・・もしかしてLAKLANDのオーダー品か?と想像してました。
ネック未塗装ですか。何でなんだろうか?早いうちに塗装したほうが良いんじゃないですかね。でも塗装すると更にネックジョイントがキツくなるか・・・だから未塗装なのかな?!
それにしても2ノブで指板の厚いローズでアッシュボディなんて興味深いジャズベですね♪
| マチャ | 2013/05/08 2:17 PM |

>マチャ さん

ヘッド部のローズ指板の切れ方がLAKLANDっぽいですよねw いやいやそんな...。ネック未塗装は...コストの問題じゃないですかね(笑)。元々は前オーナーさんが「ワーモス&オールド・フェンダー」のコンポとして所有していたところにオールド・フェンダーの部品が揃ったので「ワーモス&ワーモス」に組み替えて売却した、というようないきさつの一品のようです。なんにしてもワタシの基準では充分に「面白いベース」であることには間違いないです。機会があればまたお持ちしますね!
| nyakkeee | 2013/05/11 7:37 PM |

個人的な経験ではブリッジ、テールピース質量が軽い方がボディー振動の影響を受けやすく、
よりアコースティックな鳴り方をすると思います。
就中、アルミ係素材(アルミやジュラルミン)は木材と同じ又は近い鳴り方をするのでアコースティックな鳴りを意図した場合に有効な手段かも?
フェンダーのあのチープな鉄プレートも意外と深い意味があったかも。
反対に質量が増すほどボディーの影響を遮断する(弦振動をピュアにピックアップ)ように思います。
| たぬき | 2015/10/16 5:35 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/325
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links