045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 間違いなく... | main | GWの楽器メンテ(その2-1:WARMOTH JB) >>
# GWの楽器メンテ(その1:63JB【NIGO】)
 
ちょこちょこライヴを観に行く以外あまり予定もないGWです。

そんなワケで楽器のメンテを行うことにいたしました。(いきなり前段ナシ/笑)

 都内某店でリフィニッシュを行った63JB【NIGO】ですが、本来はその後リフレットも施そうと考えていたのでした。リフィニッシュの際にもろもろ調整も施していただき、「弦も替えておきますよ〜」とお気遣いいただいたのですが、「どうせまた(別のお店で)バラすことになるしなー」と、いつものトマスティックは指定せず、「045-105で、ラウンド弦なら何でもいいですよー」とお任せしてしまったのでした。で、普通にダダリオを張っていただいたのですが、ネック調整の効果でありがたいことに当面リフレットは大丈夫だな、ということになり、そのままダダリオ弦を張った状態でいたのでした。

もともとトマスティックを発見するまではダダリオのニッケルが自分の中ではスタンダードでしたし、今でもいわゆるメインどころのオールド・フェンダー系以外はダダリオで何の問題もありません。(経済的事情も大きい/苦笑)

ですが、メイン中のメインでありますこちらのNIGOにはやはりいつものトマを張りたいもの!
ということで、買い置きのセットが残っていましたので弦交換いたしました。

その前に指板のお掃除。

NIGO05042

NIGO05043

この指板の疲れ具合がなんともたまりませぬ。



NIGO05041


(BGMは『Motown Funk』V.A. で気分を出しています/笑)

ジャズベにはダダリオのブライトな感じも非常に良いと思うのですが、やはりトマのラウンドはもはやカラダに馴染んだ音です。音の芯が六角形から円形になるワケであります。(そのまんま...)


NIGO05044


(2弦を少し切りすぎてしまったのはご愛嬌....久しぶりだったもので勘が鈍りました/汗)


 以上、NIGOに関してこれでしばし安泰かとは思うのですが、改めていろいろいじってみたところフロントPUの高さ調整がピックガードとの干渉でしょうか?うまくいってくれません。フロント/リアのバランスをみた(聴いた)ところ、もう少しフロントを上げたいような気もしないでもない...。(リアを下げればいいんじゃないの?というハナシですが/苦笑)
ピックガードをザグるとなるとこれはまたショップさんのお力を借りなければ、というところですので、何かまた今後他の問題が発生することがあればついでに診てもらおうかと思っております。

ということで「その1」はサクっと終了です!



| comments(0) | trackbacks(0) | 22:22 | category: JB 63【NIGO】 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/323
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links