045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 11月の現状。 | main | LUCKY?! >>
# 11月の現状 その2
 
 ということで、Mac Book Proの一番安いのを新調しました。横長の画面はなんか慣れないなー。おまけに軽く老眼入った中年にはデフォルトの設定では文字が小さいわい(泣)。そして接続自体は問題なくスムースにいったのですが、旧Macからのデータの移行がイマイチうまくいきませんな...。JugemのIDやパスワードも記憶させてしまって、いちいちログインのたび入力していなかったので、すっかり忘れてしまい...。しかし世の中IDとかパスワードとか、多すぎよね。みなさんこういうのいちいちメモったりしてる...んですよね?(あーめんどくさ。)

と、メカ音痴にはプチ苦難の日々が続いているのですが、ちなみにお値段は10まん何千円だったのですが、どうせまたぶっ壊れるまで使い続けるだろうということで、支払いに関しては完全保証のワランティ込みでこのあと5年分割で月々1000いくら払っていくというコースにしまして、購入時の支払いは5万いくらで済みました。携帯もしばらく替えていませんが、最近はこういう「囲い込み」式のパターンが多いのね。まぁワタシのような「基本日用品は壊れるまで使う」派、にはよいのかもしれませんね。

さて、昨夜は「THE LOODS」4年ぶりの再結成ライブに行ってきました。「LIVING AFTER 311」と題された、完全に「東日本大震災チャリティー」としての趣旨ですべての売り上げは盟友であるSOUL FLOWER UNIONの基金を通じて現地のために役立てられると。ワタシとルーズとの付き合いは古く、学生時代に縁あって楽器運びやらステージモニター押さえ(←お客さんがステージ上がってきて暴れたりダイブしたりするので、客席に投げ返したり、モニターを押さえて固定させている人員が必要だったのですね/爆)やらで丁稚のようなことをさせてもらって以来なのでもう四半世紀の知り合いなワケですね。で、ルースターズの再結成のときも思いましたが、このメンバーで演るとほんとにルーズの音なんだよなぁー。(ちなみに今回も2007年の再結成時と同じく、ドラムは元ブルハの梶原氏がサポート。)バンドっていいよなぁ。今回は基金集め、という趣旨あっての再結成(地方ツアーもあり)だったので、これで最後にしたいとのことのようですが、またどこかで会えるといいな。

ラスト、代表曲でもある「LOUD MACHINE」では飛び入り含めゲストが大乱入、AUTO MODのジュネさんやらアレルギー、DE-LAXの宙也氏、レピッシュのMAGUMI氏、ニューロティカのあっちゃん、本編中盤でも参加したソウルフラワー中川氏、高木克氏、なぜか「新月」のギターの方、etc...エライことになっておりました(笑)。終演後挨拶に行こうかとも思ったのですが、こりゃ楽屋もしっちゃかめっちゃかだな、と思い、共通の知人によろしく伝えて会場を後にしました。

 ライブが新宿でしたので、「よし、今晩はサウナ!」と決め、そのまま定宿?「●リーン・プラザ」にIN!すると大浴場のモニターではテレ朝の美空ひばりメモリアル・コンサート」の特別番組がO.A.中。

実はワタシ、今月11日に東京ドームで行われたこちらのイベントを観に行っておりまして。出演者はもう大変なことになっており、ワタシも普段はテレビでしかお目にかからないような「ザッツ・芸能界」なイベントだったのですが。しかし。それはそれは「芸能」の底力をまざまざと見せつけられた圧巻の内容でした。実際のコンサートは2部構成で、1部が各出演者がひばりさんの楽曲をカヴァー、2部がそれぞれの持ち歌を、という構成だったのですが、さすがにこの場でひばりさんのレパートリーを歌う(歌うことができる)というのはある意味歌い手としてこれ以上ないステイタスでもあるワケで、逆に失敗も許されない?ワケで、もうみな気合の入り方が尋常でない。ちょっとワタシも感受性が豊かになっている(=ココロが弱っている?!)時期だったので、正直もう圧倒されて終始ボロ泣きで観てました(恥)。「うた(こえ)」それ自体の持つパワー、フミヤ氏が歌唱した「一本の鉛筆」に込められた反戦の願い、そしてまた世代も志向もバラバラ(と思われる)な客席の4万5千人を「億・千・万!」やら「ズンズンズンドコ〜(き・よ・し!)」コールで一体化(しかも笑顔)させてしまう郷ひろみや氷川きよしの煌びやかなエンターテイメント。AKBの「お祭りマンボ」だって全然場違いではなかったですよー。(持ち歌しか歌わなかったサプライズ出演?のHey say jumpはご愛嬌。まぁヤング向けの視聴率要員、ということでw)
そしてなによりその頂点にいまなお君臨する歌謡界の女王・美空ひばりの圧倒的存在感。古いフィルムなども会場で流されましたが、もうすごいとしかいいようがありません。ワタシ風情が知ったような口をきくのもはばったいですが、ひばりは「演歌歌手」じゃないんだよ〜。「演歌も歌える歌手」ってことなんだよ〜。若い人は誤解しないように!昔の音源とか、ホントにすごい、すごいんですから!
 のぼせながら湯船を出たり入ったりしつつ、もう食い入るように3時間特番、最後まで見入ってしまいました。家でも録画していたので、改めて観てみようと思います。
あ、そういえばいわゆる非芸能ロック界からは唯一「HEATWAVE」が登場したのもすごいトピックでしたね(笑)。ご子息であり、今回の総合プロデューサーの和也氏からのオファーだったとか。ちゃんとチェックしてるんですね。おそらく会場の98%は「誰ソレ?」状態だったかと思いますが(泣)、ブルースロック調の「リンゴ追分」が終わるとワタシの回りのオバちゃん達も「あら、すごいわね!」的な好意的リアクションでした。あぁよかったよかった。(ってなんでワタシがハラハラしとんねん。)

 しかしサウナなんですけどw、入浴のマナーも乱れてますなぁ。サウナの後の水風呂は極楽極楽、α波出まくり、幽体離脱一歩手前的な(?)至福のとき、なのですが、かいた汗も流さずにそのままザブーンしてくる輩がほとんど!汚ねーっつーの!!もうほんとどうすりゃいいのよ、こういう人たち。(嘆)

 そして最近は「ゴダイゴ」ブームですね!(笑)
70〜80年代黄金期の楽曲がPC/モバイルで一斉配信開始!という話題もあり、ワタシはリアルタイム世代でありますが、シングルのヒット曲+α程度の認識しかなかったので、改めて配信限定でコンパイルされたベスト盤やオリジナル・アルバムやらを聴いてみて「!」。コレはもう洋楽ですな(←ホメ言葉として言っている)。とはいえ、かたやあの時代のいわゆる日本のロック界にありがちだった「洋楽ロックの並行輸入」的なグループとは明らかに一線を画しているような。まぁセンスの問題かと。そしてアンダーグラウンドではなく、超メジャーな世界でそれを実践していたと。んーミッキー吉野、恐るべし!

(そんなことを考えると、ワタシは「気絶するほど悩ましい」や「闘牛士」しか知らないで、アルバムを聴いてびっくりしているcharさん入門者、のようなもんなんでしょうか(爆)。逆にいまの若いcharさんファンは「気絶」「闘牛士」のイメージなんかないんでしょうから、同様に「999」や「ガンダーラ」以外のゴダイゴ、もいまの若い人たちに知ってもらいたいところですね。)

ということでゴダイゴは現在も復活してマイペースで活動中。先日渋谷公会堂でのライヴを観に行ってきました。客層はやはり50代くらいが多いのかなーという感じでしたが、個人的には当時の黄金期のメンバーによる生演奏を(デビュー)35年目にして初体験する、という不思議な感じ...非常に楽しかった!バンドってやっぱりイイですね。(笑)


after311


ひさしぶりですが、ベースネタは特になしです。白いJB、入院中。年内には戻ってほしい。
そして赤いJBも入院さすか、悩み中。


| comments(2) | trackbacks(0) | 12:10 | category: 日常(LIVE編) |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:10 | category: - |
コメント
サウナマナーの件、と言ってもそんなにサウナ歴はないのですが、ワタシはアレが嫌ですね、サウナ中のぴるぴるオヤジ。
腕にかいた汗を手でぴるぴると拭い、顔にかいた汗を手でぴるぴる拭い、まあ汚らしいことこの上ないです。

タオル持ち込んでいるんだから使えばいいのにと思います。言えないのですけどね(笑)。
| たーみー | 2011/11/27 4:51 PM |

>たーみー さん
...「ぴるぴる」ってなんですか?!(笑)
想像するに、まぁ周囲に振り払う、ということですよね?サウナ歴はそこそこ長いですが、ワタシは幸いにもぴるぴるオヤジに遭遇したことはないですね(笑)。まぁしかし、いろいろありますが深夜の大衆サウナ(カプセルホテル含む)は人生の縮図が垣間見れてマンウォッチング好きにはたまりませんな。今宵もご同輩に乾杯、であります。(爆)
| nyakkeee | 2011/11/28 5:20 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links