045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< なんちゃってDECADE(崎陽軒Special)メンテナンス | main | ampeg B-15N >>
# 9月の現状(The Oldest Fender!)
 
...すっかり「週末ブログ」ですらなくなってしまいました。
ブログ書くヒマあったら新しい仕事覚えろ、といった感じでしょうか。そんなことで平日は日々悪戦苦闘(空回り?)しております。ただ以前の部署に較べれば土日出動は減りましたので、一日は完全にオフにして、一日は予習復習のため?出社してあれこれ、みたいな。メリハリは以前よりある...のでしょうか。(まだよくわかりません)

●先日の休日は久々にゆっくり起きた後はCDを聴きながらずーと1日ベースを弾いていました。贅沢といえば贅沢、無益といえば無益(苦笑)。別に練習!といった感じではなくただポロポロ弾いていただけなのですが、あまりに久々だったせいか、左手にマメができました(笑)。それもまたちょっと嬉しいような(爆)。

●そして「思うところあり」シリーズ的にも悩み中の「WAL」ですが、これも久しぶりに弾いてみると...むむっ、ハイポジが明らかに弾きづらい。あーこれは。入手後は全く調整の必要を感じず今日まで来ていましたが、いい機会ですので一度ちゃんとプロの方に診てもらったほうがよさそうです。で、渋谷某店へ。その場でネックを整体師ばりにゴキゴキッ!と...(ああやめて!/泣)で、「若干センターずれと、4弦の方は大丈夫そうですけど1弦側がハイ起きしてるんで摺り合わせをしたほうがいいですね。」
ああ、そうですか...(泣)。まぁ仕方ありませんね。それで済むならまだいい方かと。ついでにポットのガリと、ジャック部分の不具合を診てもらうことに。さらについでに「電池入ってるけどコレ、アクティヴなの?」疑惑も解明してもらうことに(笑)。結果は来週!

●その流れで、近くで開催されておりました「ヴィンテージ・ギター・ショー」を冷やかしに。ハートマン・ギターズさんの声かけで都内近郊のヴィンテージ・ショップさんが自慢の品揃えを持ち寄って販売、という初の試みで、いわゆるY野楽器さんなど大手の主催するフェアではなく、小じんまりした規模ながらも、完全に「ヴィンテージ」という趣旨に絞られた内容で。まあ個々のお店は普段からワタシも定番巡回コースの一環として、品揃え的にもおなじみのところばかりではありますが(笑)、やはり一同に介するというところで「こりゃ行かねばなるまい」と。
実際なかなか圧巻でありました。スペースの関係もあり、もちろん各店全ての在庫を持ち寄る訳にもいかないところでしょうが、ギターだけでなくベースもそれなりに出品されていて大いに目の保養になりました。
会場には著名ミュージシャンの姿もチラホラ。中でも「ミスター・サンダーバード」H氏(笑)が元バンドYMの同僚Y氏ほかを連れ立ってご来場。(ご本人もすでにブログで書いているので別に実名でも支障はないんでしょうけど/笑)ワタシもチェックしていた新大久保H店の「62JB/FRD」を試奏する様子を間近で拝見することができたりもして、楽しかったですね。(ちなみに試奏時のアンプは郊外GT店出品の「ampeg B-15s」。こんな出品店同士の「向こう三軒両隣」的なお祭り感もとてもよかったですねぇ。)

●で、ワタクシ、完全に目の保養のつもりで行ったのですが...まさかの会場にて一目惚れ。ショー価格ということで相場より若干安かったこともあり、(←ちょうど先日委託に出してたギターが2本売れた値段とほぼ一緒だったこともあり)衝動的に連れ帰ってしまいました。(汗)




mm1

「Fender Musicmaster」(1960)

おいおいまたかよ。

一応こちらはベースブログでありますので、詳細は割愛させていただくとして。
ケースも含めてフルオリで、スラブのハカランダ指板はじめフレットもまだまだ状態良し。ポロン、とローコード弾いただけでもうネック激鳴り、ですよ。たまらん。ムスタング(ギターの方です)の音がいまいちシャープではないのはやはりトレモロユニットによるブリッジ構造の影響が多分にあるのだと思いますが、こちらのミュージックマスターはさらに短いスケールであるにもかかわらず、カッティングもシャープに決まる印象。(試奏時のアンプがフェンダーの黒パネルで、そりゃイイ音するに決まってるでしょ。ということは置いておく/汗)

mm2

ということで、結果的に我が家で最古となるフェンダーが思わぬところから仲間入りしてしまったのでした。

バカは死んでも直らない〜。


●ちなみに渋谷に行く前に池袋某店にひっそり入荷の「Nordy」(Nordstrand) 5弦もさりげにチェックしていたりして。新境地も開拓しようとはしているんですよ!(?)
で、やっぱり5弦(多弦)は技量的に無理だなー。それに(この楽器がどう、ではなく)「ローBの音ってこんなダルダルでいいのかなぁ...」っていつも思ってしまう自分。そりゃピアノのような張りのある低音、というワケにはいかないことは分かるんですが。自分が気持ちイイ!と思えるのはせいぜい一音下げ「D」までかなぁー。でもこのJBライクな楽器はハイEQを絞ると全体にはなかなかにフェンダー的な出音で、好きな感じでした。(お店の方いわく「コッポロほどフェンダー的なクセ?はないけれど、いわゆるJB好きな方にはルックス含め、違和感なく扱える楽器ですよ」とのことで、確かに。とは思いました。)まぁ多弦を語る資格はワタシにはありませんな...。お近くの方は是非試してみてください。


●さて、本日はまた新規開拓でリペアの旅に出てまいります!


| comments(4) | trackbacks(0) | 10:35 | category: 日常 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:35 | category: - |
コメント
wal、修理に出されたのですか…
| ソーマトモヒロ | 2011/09/11 5:52 PM |

>ソーマトモヒロ さん

そうなんですよー。どちらにせよ良い状態にしておいた方がよいですからね。とはいえホントは摺り合わせでも、イヤだったんですけどね。(泣)
| nyakkeee | 2011/09/12 3:55 AM |

T葉さんの所に出されたのですか?もし引き取り前に私が行ってそこにブツがあれば・・・試奏させて下さい!お願い致します!
| ソーマトモヒロ | 2011/09/12 7:29 PM |

>ソーマトモヒロ さん

BCではなくてリペアはW店に出したんですよ。もう作業完了したようなのですが平日に取りに行けるか...。どこかで弾いていただくのは全然オッケー、なんですけどねぇ。
| nyakkeee | 2011/09/13 8:52 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links