045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ナマチャック! | main | Do You Remenber Rock'n' Roll Radio ? >>
# ジャンク天国! part4 そして思うところまとめ。
 
...まさかのパート4!

 厳密には「ジャンク」ではないものも含んでいますが、いわゆるレギュラー・ラインアップとはちょっと異なる楽器群、「この先いつかは放出予定」シリーズ、という感じなのであまり細部は語らずあくまでも「記念スナップ」程度にあげておきます。


Vol.7:「F/J  3/4size JB

34JB

なるほど、ギターより少し大きいくらいのサイズ感。(←比較対象が写ってなくて不親切/汗) キッズや女子にはいい按配かもですね。音はもちろんちゃんとしてます。といいつつブリッジとノブを入手後転用してしまったようで欠品ですね。そして...

34JB2

ビリー・シーン? リッチー? イングヴェイ?

前オーナーさんによる改造。ワタシ、スキャロップの効用がイマイチ分かってません...フィンガリングがしやすくなるんですか?あ、チョーキングか...。(←無縁。)


Vol.8:「ESP? PB type (Rose Body?)」

ESPB6

ロッドがもうキビシイのですが入手後メンテには出して、フェンダー・タイプとしては通常の弦高はキープできていると思います。ヘッドがなぜかOPB(テレベ)タイプで、ESPの名前はブリッジにしか入っていないのですが、全体にはいかにもESP、という感じかと。で、コレは「ローズ・ボディ」というふれこみについ喰い付いてしまった1本。

ESPB5

ローズ・ボディ...なんですかね?


ESPB4  ESPB3  ESPB2  ESPB1


でも確かにクソ重い(多分5キロ超/泣)。でもって出音の固さがアッシュとはまた違う感じ、がします。(メイプル指板がそれに輪をかけている。) PUはディマジオなんでしょうか、このクリーム色のPUカバー、ホントに見ためは好き。←音はあまり好みじゃないかも...でも総じてルッキングッド!なんですよねぇ。(どっちやねん!)


Vol.9:「GRASSFENDERROOTS BASS  IV ?」

GF3

カッコよろしいねぇ。

ウチの「なんちゃってDECADE」の原型ともいえるESP BASS IV(ラ●クTETSUモデル)の兄弟分(...廉価版)ですね。オク出品に際しては「ESPかも...不明です」との説明でしたが、いえいえこの廉価版な作りはエ●ワーズかグラ●ルーツですよ〜。(←どっちがどうかはよく分かっていない。)

でもね、音は悪くないんですよ。コレ。(笑)

GF2

パッシヴ仕様なので、コントロールは「Master Vol.」「Master Tone」と各PUのOn/Off、それにLow Cut っぽいですね。ボディ材は安いもののような感じですが、ネックがなぜか?ピシッ!と気持ちいいセッティングで決まっております。シングルPU3発で、そうか...音はちょっと<G社の中ではF社ライクな「G-3」のF社版>(なんじゃそりゃ...)っぽくもあるのか。ポールピースも少し大きめな感じで、単体でも細さは感じない、です。グリグリいけますね!

GF1

  でもやっぱり違反申告的にはぎりぎりアウト。(泣)





...厳密にいえばほかにも「会社に置きっぱなしのベース」とか(どんなベースだよ!)、あるのですが、「ジャンク天国!」シリーズはこれにてひとまず終了ということで。



 で、思うところあって以降...なのですが、「JB73」放出から数えて「ベース:10本」「ギター:7本」「アンプ:2台」ほかパーツ類等々を手放しました。久々の大整理となりました。

「ジャンク天国!」シリーズでは「vol.2:ESP PJ type」がAGかるだもんさんの元に。(←かなりの強者ジャンクだと思いますので...ヨロシクオネガイシマス/苦笑)

そしてこの週末で以前のエントリーでも話題にしました池袋「G-tech」さんに伺いまして、「vol.6:Squire EB3」「vol.3:謎のアトリエ」「vol.7:3/4 JB」、加えて「F/J JBR-80」「ampeg BA-112」等々を寄贈させていただきました。

 店長のNさんともお話しして、当初「ベースなんてそんなに需要があるのかなぁ」とも危惧していたのですが、(そのマイノリティさ故?/泣)ギターに較べると提供してくださる方も少ない、とのことで喜んでいただけました。欠品箇所のある楽器に関してもパーツ取り用にする、欠品楽器同士で埋め合わせる等できますので、ということで少し安心...。ただ、「届け先である被災地からのリクエストをリサーチするだけでも時間がかかる」「リサーチできる地域もまだ限られている」等の状況から「まだまだ長い目で取り組みたいと思っています。3〜4年がかりにはなるかと」と。実際あわてて(楽器の)数だけ持ってこられても現地に届けるまでの保管場所も大変でしょうし、そこは提供する側も長い目で。ワタシもまた次の機会があれば是非、ご協力させていただきたいと思います。


「思うところ」...はまだ続きそうですが、楽しむところは素直に楽しみたい、ですね。

楽器に関しても、ね。


(「熟考」の途中で1本「寄り道」しました...これまたワタシらしい行動パターン...ですね。どうやら。)



| comments(0) | trackbacks(0) | 21:33 | category: My Basses (History) |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:33 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/248
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links