045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ネタもないので新兵器。 | main | 新兵器?!(1/12 scale) >>
# ネタもないので新兵器。(その2)
 
 楽器店の新春セールも今月いっぱい行われているところもあるようですが、あまりチェックしておらず。基本的にはお年玉を握りしめたキッズ達のためのものか...。ガンガン買ってほしいですね(爆)。ワタシも学生の頃は埼玉から始発で並んだりしたものです。(懐...あの時買ったCE-1は一体どこへ行ってしまったんだろーか!) ワタシは先日渋谷界隈をチラリと覗いてトマのラウンド弦とPlanet Wavesのピックをセール価格で調達したくらい。あ。セールとは関係ないですが、G'7で最新作のアッシュJBを弾かせてもらいましたが、やっぱイイなぁ。国内産のJBではワタシ、一番好き!だなぁー。(いや、本家CSよりも...ゴニョゴニョ...) 欲しいなぁ。(←ええーっ!)


さて、ワーモスくんですが。
リフィニッシュも高いなぁ...と落胆し(?)、本当は正月実家に帰った際に、 せめてピックガードを手持ちのアノタイズトに替えたら面白いかも、と思ったのですが、残念ながら寝込んでしまったため実行できず。(まぁサイズが合うかどうかはやってみないとわからないのですが。) そのまま実家に置き去りにしてきてしまったのでまた近々取りに行かねばです。

warmoth3

(↑これにベッコウとか黒ではない気がする...それか思い切ってミラー?!/爆)

 さて、このワーモスくんの特徴はなんといっても「指板/ネック」です。自分では計っていませんが、ちょうど再出展の際のM木楽器さんサイトには詳しい情報が掲載されていました。
フィンガーボードには厚さ6.6mmと極厚ハカランダを贅沢にスラブ張りにて使用><ナット幅は約44mm/厚さ約24.1mmの極太ネック

warmoth2warmoth4
 
 あーもう、漆黒系には弱いんです。。。

 いわゆるFenderでいうところの「Cネック」幅ではありますが、この厚みはどうみてもPBの中でも厚い時期と思われる62年以上、つまりはOPB(テレベ)に近い感触です。OPB(テレベ)にはローズ(ハカランダ)指板は存在しませんから、コレはなかなかレアな味わい。個人的には「厚いローズ(ハカランダ)/メイプルネック」のベースはどこか出音にナチュラル・コンプなテイストを感じます。これはこれでとても好きです。で、M木楽器さんのサイトでも
極太ネックのおかげで剛性が強く、ハカランダ指板とも相まってかタイト感の強いサウンドが印象的です。王道プレベサウンドと言うよりは、モダン寄りなプレベサウンドの印象がございます。
とありましたが、たしかに出音に関してはプレベ特有の「プクッ」「ブリッ」としたニュアンスは希薄で、コアというか芯の部分がストレートに出てくる印象でございます。「ゴリッ」「ガリッ」ではありませんが、「ズーン」「ビーン」という感じ。(うーむなんとも稚拙な表現.../汗) これもこれでとても好きです。

PUは「Lollar Vintage PB」を搭載。コレも非常に良さげなPUです。ちょっとお値段は張るようですが、JBタイプも試してみたいなー。(73JBとかにも合うかも?)

 このように、一口にプレベ(タイプ)といってもやはり様々な個性がありますよね。
なんか、ダフネ氏入手後、ひと月くらいは出島/ヤ●オクの類の情報をシャットアウトしていたのですが(苦笑)、にわかにパトロール復活後、「おーコレは気になりますな」という楽器がなぜかことごとくプレベばかりだったんですよね。なので「うう...でももうプレベは要らんのよ」と懸命に?耐えていたのですが、そこにこのワーモスくんが...。(堤防決壊。)

ルックス的にはもちろん「65PBダフネ氏」の異母兄弟的な存在(今のところ)ではありますが(あ、でもボディのシェイプは厳密にはF社とすこーし、違う気がします!)、実質的には「62PB」の舎弟といったポジショニング。

「...やっちゃったなー」とも少し思っているのですが、これまたワン&オンリーな個性を持った楽器であることは間違いなく。

やめられないんですねぇ。。。。





モー娘、ガンバレ!
| comments(8) | trackbacks(0) | 00:17 | category: My Basses (History) |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:17 | category: - |
コメント
先日はサンプルをありがとうございました!
>G'7で最新作のアッシュJBを弾かせてもらいましたが・・・
白ベッコウのヤツでしょ?こないだ私も弾きましたが、あれはいいですね。ほんとにいい。っと申し上げますと、お知り合いの方がこの間弾いていきましたよ、と言われました(笑)。
| shinmei_t | 2011/01/16 8:24 AM |

>shinmei_t さん

ちょうどお伺いした帰りに寄ったんですよ(笑)。
あそこの試奏用アンプも個性的でなかなか判断の難しいアンプですが(笑)、今回も見解の統一をみれてよかったです。(笑)
新品不感症気味になって久しいですが、たまにこういった楽器に当たるとオールド・フェンダーに対しても冷静(客観的)になれて良いです。(ってか、欲しい.../爆)
| nyakkeee | 2011/01/16 12:26 PM |

ダフネに続き、新兵器もプレべ、羨ましすぎです!
ちなみに個人的にこの色に鼈甲は恐ろしくかっこよいと思うんですが無しですか?笑
どちらにせよ、ナイスな色ですね!あぁ、色々なプレべを弾いてみたい
| NAOTO TD | 2011/01/17 2:59 AM |

>NAOTO TD さん

あ。ベッコウいけますかね? ヴィンテージ風の薄味なモノなら合うかなぁ...。なんかストラトっぽく見えませんかねぇ。(?)
なんか、もう本数的には「老後の楽しみコレクション」みたいな感じになってきて、我ながら「イケてないなぁ」とも思うのであります...。
| nyakkeee | 2011/01/17 12:59 PM |

鼈甲似合うと思いますよ、たしかにセルロイド時代の退色した淡い鼈甲があいそうですねぇ!ただ今の白もくすんでてめちゃカッコいいですよ!これがフェンジャパみたいなピカピカの白だったら嫌ですが笑。本当うらやましいです!
自分も今市場に3本欲しいやつがあり、諭吉が100枚あれば明日にでも吟味しに行って一本買うんですが。。
| NAOTO TD | 2011/01/17 11:10 PM |

>NAOTO TD さん

んーやっぱり白ベッコウがいいな〜と「フェンダー・ベース・ヒストリー」の48pあたりを眺めながら思うのであった。「なんちゃってDecade」がこの色だったらよかったのにな。。。

ほしいもののうちの1本はニ●コニコの63年とみた!(爆)
| nyakkeee | 2011/01/17 11:31 PM |

白鼈甲、たしかに素敵ですねー。あ、簡単にみぬかれましたか笑
てか店名に●ついてる意味ないっす。。
| NAOTO TD | 2011/01/18 3:20 AM |

>NAOTO TD さん

あ。しまった。<伏字

でもオールドの価格はいまモノ(店)によってもマチマチですね。ニコ●ニコのアレは安いんじゃないでしょうかねぇ。(フルオリではないのかな?)
| nyakkeee | 2011/01/18 11:32 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/214
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links