045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 3番打者:Fender Precision Bass 1962(その3) | main | 4番打者:Fender Jazz Bass 1963 (その2) >>
# 4番打者:Fender Jazz Bass 1963 (その1)
 「ナボナはお菓子のホームラン王です。」

.....ということで、やっぱりこうなるのです。

「Fender Jazz Bass 1963 (Round Board)

63JB[2]


前回のプレベといい、さすがにもうこのあたりのベースがいかに素晴らしいか、
ワタシの拙い文章力で表現するのは無理というもの。なのでエピソード的なものを...。


これまたこの先よほどのことがない限りこのベースを手放すことはないでしょう、
ということで (逆に言えば、「よほどのこと」があった場合は真っ先に手放さねば
ならないということだなぁー /泣)こちらも出自を明らかにしますと。

2年前のクリスマスの日に(爆)大阪は三木楽器アメリカ村店にて購入したものです。


ワタシの誕生日は年末も押し迫ったあたりなのですが、いよいよ40歳の大台を
迎えようとしていた年でした。で、中高時代のバンド仲間=今も友人、たちと
「オトコの40(歳記念)ギタ/ベース、さて何を行くか!?」とかねてより
仲間内の話題にしていたのでした。(こんな大人になると思わなかったよね...)

2,3ヶ月前くらいから「さぁ〜て、どうしましょうかいね!」とデジマ、ヤフオク、
楽器店をソワソワとチェックしはじめまして、12月のある日、三木楽器のHPで
この方を発見。「どうしましょうかいね」とはいったものの、完全に狙いは
「ジャズベ。60年代の。」と絞っていたので、これは見逃す訳にいきません。

HPの文句にはこうあります。

プリCBS時代の栄光を今に伝える63年製のジャズベース、リフィニッシュのため
●●万円を切るお買い得価格でのご販売です!ボディがオリンピックホワイトにリフィ
ニッシュされていますがネックはオリジナルフィニッシュのままです。ナットと
フレット、ネックPUのボリュームポットとジャック、3弦ペグのネジが交換されて
います。


「...行こう。大阪に。」



クリスマスの日にそう決めました。恐らくロマンティックなムードにも引きずられて
いたのだと思います。(←別にこの歳でイヴに何があったわけでもありませんがー。)
その日は早朝から友人たちと明治公園でフリマに参加していましたが(こんな大人に...)
14時ごろに出店をたたみ、一度帰宅。

HPを見ると幸い商品はまだ売れていませんでした。店に電話して在庫を確認します。
「東京から...」とまでは明かさなかったものの、お目当てのJBを見に行きたい旨、
伝えます。自宅から心斎橋までおよそ4時間、(大丈夫、それまでに売れてしまう
ことはない)何故か確信はありました。

いくらリフィニッシュとはいえ。ウィンター・セール中とはいえ。
これだけの高価な楽器を弾きもせずに通販で購入する勇気はありません。

「まあ (モノが) ダメだったら、『旅行に行った』くらいに思えばいいわな。」

そして新幹線はいざ西へ向かったのでありました〜。
(シンデレラなんちゃら、ちゃいまっせ〜。)

63JB[1]
 心斎橋に到着したのはおそらく19時を回っていたハズです。
 閉店まで1時間を切っています。急がねば!
 フロアの入り口をくぐると、幾多のヴィンテージ楽器の中から
 真っ先にこのベースと目が合いました。
 
 「おー!コレだ。

いや、単にこの人だけピカピカのリフィニッシュだったので、目立ったんですよね。(笑)

 
 (その2に続く)
 

BGM:「I WISH IT COULD BE CHRISTMAS EVERYDAY」WIZZARD (Roy Wood) ♪


| comments(6) | trackbacks(0) | 00:01 | category: JB 63 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:01 | category: - |
コメント
いやぁ、良い楽器ですね。家のと似てる(笑)。だからきっと良いんだと思いますよ。しかし、これが4番打者ということは、9番まであるんですかね(笑)?楽しみです。
| shinmei_t | 2009/06/05 8:15 AM |

shinmei_t さま

こんにちわ。コレ、shinmeiさんが当時のエントリーにあげてらした三木楽器JB(62年、とのことでしたが)と特徴が似ているんですよね。この調子でスタメン9番まで行きますので、(ということはココがピークか!/笑)よろしければこの先もお付き合いくださいませ!
| nyakkeee | 2009/06/05 12:16 PM |

はじめまして、shinmeiさんのブログからお邪魔しました。broken arrowともうします。素晴らしいジャズべですね。僕もプリCBSのベースを何本か所有してますがほとんどがリフ物です。気兼ねなく弾けるのがいいですよね。

今回コンタクトさせていただいたのはもしかしたら63年のジャズべのピックガードに興味があるかと思いまして連絡させていただいきました。所有する61年ジャズべ用のピックガードを探しているうちに、いくつか年代違いのものを在庫するようになり、売却などもしておりましたが今手元に63年製一枚のみ残っています。ちなみに61年をお探しだったF-nieさんに61年製のピックガードをお譲りしました。もしもご興味があるようでしたら連絡ください。ちなみにプリCBSのプレベのピックガードも一枚あります。いずれも経年変化による多少の歪みはありますが、欠け、改造などのないいい状態のピックガードです。
| broken arrow | 2009/11/29 7:08 AM |

>broken arrow さん
はじめまして。こちらもshinmeiさんのところのコメントなどで存じ上げております。はるばる?!ご来訪ありがとうございます。

ピックガードの件、お気遣いいただきありがとうございます。ただワタシの場合、それほどオリジナル復元には執着が無いのが本音です。(半分は予算的な問題だったりもしますが...)興味が無いワケではないのですが...。申し訳ありません。

これに懲りず、また遊びにきてくださいませ!
| nyakkeee | 2009/11/29 10:56 PM |

素晴らしいベースですね、弾いてみたいです
しかしとても笑ってしまいました。
というのも 自分も今年の新年早々に66PBを三木楽器アメ村で購入しました。
年末にツアーの合間に一度弾いて、年末年始どうしてももう一度真剣に弾きたくなり(欲しくなり)

「よし、大阪へ行こう」と新幹線日帰りです。

定員さんにも昼過ぎに電話で「今から東京から向かいます」と伝えたら
「ホンマですか!」と
店に着くと「東京からホンマにきはってビックリです」と言われました。
結局買わなかったら高い勉強代(交通費)だったんですが買ったので帰りの新幹線はワクワクでした。

| ナオト | 2010/02/24 4:06 AM |

>ナオト さん
あはは。おんなじですね!(笑)
ワタシは転勤で5年ほど大阪にいたことがあるのですが、当時はヴィンテージ楽器に手を伸ばすとは思ってもみませんでした。三木楽器アメ村さんはヴィンテージの宝庫ですからねぇ。当時から通っていれば今より安い相場で色々チェックできたろうなぁーと思います。

お互い「一度決めたら清水の舞台から飛び降りるのは早い」...タイプですね?!(笑) ワタシの場合、それで後悔することもあったりするのですが...<だめじゃん。
| nyakkeee | 2010/02/24 12:53 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links