045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 強行弾丸愛知行脚?!(追憶編) | main | 「不思議」 >>
# Fender Precision Bass 1965
 
 眠いし、明日も早起きしたいところなのですが、「還ってきた4番打者」エントリを上げる前に、「新・3番打者? 通称:ダフネ氏(もちろんアキバ風アクセントでお願いします/爆)」についてスペック的な部分をもう少し書いておきます。

65PB_6

 さて、こちらのPB、リフィニッシュ、リフレットの他にはペグが70年代のFender製(Rマーク入)に変更されていました。

65PB_165PB_2
 
 で、このペグがすでに(特に2弦)固くなっていましたので、こういった部分はとっとと交換です。(笑)




65PB_865PB_7
 そうか、この時期はペグの軸受けの飛び出た金具部分がフィットするように、彫り込みがされているのですが、結構深いんですね。ちなみに70年代のペグではこの金具部分がフラットになっているので、ヘッド面の彫り込みはもはや必要ないのであります。ペグ止めのビス穴が1ヶ所ずつ多いようですが、気にしない気にしない(汗)。この(70年代ペグの)形で塗装の色焼けが見られますので、これは(70年代)当時に交換されたしるしともいえるかな?と思います。

 で、意外といえば意外だったのですが、このダフネ氏、ウェイト・バランスの面でかなりヘッド落ちが激しい! 体感総重量としては62PBと変らないか、少し軽いかな?くらいなのですが、ヘッド落ち度合は我がスタメンの中でも1,2を争うのではといった感じ。それもありまして、交換ペグは例によってGOTOHの軽量ペグ「GBR640」を取り寄せて装着してみました。結果ウェイト・バランスはとても良くなりました!(加えてオリジナルの「逆巻き」に戻った安心感も。)

65PB_965PB_12
 ピックガードもオリジナルかどうかはわからないところですが、アルミ製のシールド・プレートはかなり雰囲気を出しています。で、リフの塗装は写真ではわかり辛いのですが、なぜかピックガード下に隠れた部分の方が少し緑っぽく退色したような色になっています(笑)。化学反応?!

65PB_565PB_4
 ブリッジ・プレートにはプレス・ラインが見てとれます。サドルはかなり年季入り。ノブは内部(シャフト受け部分)が結構酸化?腐敗?してきていて、金属粉?がポロポロと落ちるような感じだったので、これがポットに入り込んでガリの要因になるようなことがあるとイヤだなぁと思い、交換を考えたのですが...。このトップサイドの微妙なR加減がなんかイイなぁと思っていて。どうもリプレイスメントのパーツではこのタイプを見かけないんですよね。完全にエッジが立ったフラットか、初期OPBのようなトップ自体が丸いドーム・ノブか、どっちかになってしまうのです。なので、ひとまず内部をマイナス・ドライバーでホジホジしまして、酸化?部分を削り落としたところ、粉落ちも落ち着いたようですので、「まぁ当面コレでいいか」と。
 お店での試奏時には少しガリが気になったのですが、家で弾くうちこれもだいぶ落ち着いたということもあり、ここはあまり気にせずで。

65PB_11
 ハンダまわりも結構年季入っているなぁ〜。ココは先々キレイにしてもらってもいいかも。コンデンサーはオリジナルかわかりませんが、セラミックの「SK 1X 50V」と、同じ規格でありますね。

65PB_13
 いまだに「ハカランダ」と「ローズ」指板の厳密な判別が出来ない(こともある)ワタシですが(汗)。これはローズかなぁ。ちなみに残念ながら「漆黒!」ではなく、「ココア色!」といった感じです。これはオイルを塗り立てべっぴんさん状態、でこんな感じ。リフレットはこちらのお店に入荷後、国内(県内)の工房で施されたばかり。本当はヴィンテージ・タイプの、もっと細いタイプがより個人的に好みではありますけどね。でも非常に現代のスタンダード、といった感じであります。

65PB_3
  ということで、写真と共にスペックをつらつらと、でした。
 
 あ。そういえば弾き心地がよいのはセッティングによるもの、と思っていたのですが(実際そうだと思いますが/苦笑)! 実は弦が、ダダリオが張ってあったのですが、「あれ?ダダにしてはテンション感も少し柔らかめでイイ感じ。いつものトマ(ラウンド)の感じに近いのは何故かしらん?」と思っていたのですが! が!多分コレ、「4弦.100のセット」ですね。(爆) なるほどー。アタマ(理念)では「プレベは.105!」と思っていても、実際体感上はちょっと新鮮(苦笑)。多分まだ張り替えていただいてそんな日が経っていないとも思われ、もったいないのでしばらくこの(多分.100)の状態を楽しみたいと思います!(最終的にはいつものトマのラウンドを張りたいと思っております〜。)

(つづく)

BGM : 「MUSIC IN COLORS」 Stephen Duffy ♪

| comments(4) | trackbacks(0) | 04:05 | category: PB 65 |
# スポンサーサイト
| - | - | 04:05 | category: - |
コメント
先週末に全く同じ作業をしておりました(笑)。しかも同じパーツで。
| shinmei_t | 2010/11/08 12:29 PM |

>shinmei_t さん

あら(笑)。何に装着されたのか気になるところです。
ちなみにわが社は今回よりようやく電動ドライバーを導入しました。(but 安物)
ネジ回しが楽しくなる今日この頃です。(笑)
| nyakkeee | 2010/11/08 10:53 PM |

私も最初にこのヘッド裏の彫り込みを見た時には、驚きました。
以前のオーナーは、見えないと思って何やってんだ!とも思いました(笑)。

それにしても交換されていた70年代のペグの取り付けは強引ですね。これはシロートさんによるものかな?いやいやアメリカのリペアってこんな風に大らかなのかもしれませんね。

ペグを取付けるビスはヘッドに対して垂直に・・・、なんて考えるのは日本人気質によるものでしょうか?↓参照
http://star.ap.teacup.com/applet/blues/20060904/archive
| F-nie | 2010/11/10 10:19 PM |

>F-nie さん

多分向こうの楽器店(リペアショップ)も大半はこれくらいのおおらかな仕事ぶりだったんじゃないですかね。まあ弾く人間(ワタシ)もそのくらいのレベルですから...(爆)。しかしまあ世界広しといえどビス穴につまようじ立てて検証する人はF-nieさんしかいませんよ、きっと(汗)。
| nyakkeee | 2010/11/11 12:04 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/195
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links