045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< そしてジュラルミンからクローム? | main | 部屋がますます狭くなる。 >>
# でもってクロームからジュラルミン、そしてチタン。
 
いやー途中で午後のうたた寝など決めてしまい、その間に放ったらかしていた洗濯物が風に飛ばされて地面に落下し洗い直しなどして作業中断...あっ!阿波踊り!(泣)
「夜の散歩をしないかね」♪ ということですでに21:00で祭り自体は終了していたのですが、街のあちこちで宴は続き....散歩がてらそんなムードだけ味わってきました。明日は仕事なので来れない...残念。また来年。

さて、本日(日付は変ってしまいましたが)の作業その3。
Freedom PBのペグをGOTOHの軽量ペグに替えてみます。

free02

これまた取り付けの作業自体はサクッとしたものなのですが、その都度弦を外して、巻き直して、がとても面倒...一体今日通算何回この作業をしたろうか。(オクターブ合わせまで含め。)でもこれがまだ(4弦)ベースでよかった。多弦ベースやギターだったら途中でギブアップしていたでしょう。

で、これまたボディとネックの重量バランスがとても良くなりました!ノーマル仕様ですと座って弾くときに若干ヘッドが傾く傾向でしたが、(立って弾くときはストラップの抵抗により気にはならない範疇) それは完全に解消されました。

軽量ペグに関しては諸説あるのかな、とは思います。実際あまり推奨しないビルダーの方もいらっしゃいました。これはブリッジも同様だとは思いますが、弦振動を受け止める要素ということを考えると質量(剛性)は必要なのかと。確かにイメージとしては判ります。「ボディが鳴る」といえば聞こえは良いですが、「振動が逃げてしまっている」ということでもあるのかと。ヘッドに置き換えてみれば確かに一気にイメージは悪くなります。(「ヘッドが鳴る」て!) この考えを突き詰めると、スタインバーガーではないですが「ボディ不要論」までたどり着いてしまうような、ワタシには難しい問題ではあるのですが...。(困)
まあワタシはビルダーではありませんので、理論は置いておいて、実地体験で判断していくしかないザンス。で、この交換は「吉」であると判断しました。特に音詰まりやデッド・ポイントが出現するようなこともありませんでした。

となると。はい。ここでブリッジをチタンに替えてみたくなるワケでありますね。(笑)

で、オリジナルのブリッジを外そうとビスを全部外したのですが、あれ?パカっと外れてくれません。「あらよっ!」と少し力を入れてブリッジを引っ張ったところ...

free03

塗装が剥がれよりました。(泣)

関係ないけど、このビス穴の処理。さすがですね、フリーダムさん。
それはいいとして、この剥がれ方!薄いフィニッシュだなー。いいですな極薄。
あ。それもいいとして。ラッカーならこういうこともあるか。まあ見えない部位でよかったです。こんなレリックの理由、カッコ悪いですもんね。(気にしすぎか)

free04
 奥がオリジナル、手前がチタンです。
 鈍い光を放っております。ちなみに両者、手に持って較べて
 みましたが、やはりチタンの方が軽し。 

 で、装着。



free05

うん。今回は「アリ」ですね。

「ズン!」とくる重量感はオリジナルに較べるとすこし減る感じはしますが、元々そういうベースではないですし。その分レスポンスが良くなる、というんでしょうか。ブーミィな要素が減って(元からそんなに無いのではありますが)、音程感(輪郭といってもいいんでしょうか)も明瞭になった気がします。うん。コレはこれでアリ。

思うに、ジュラルミンのペグもチタンのブリッジも決して万能な「グレードアップ」品では無く、(価格的にはグレードアップでしょうけど.../汗) あくまでも用途、目的に応じた「バリエーション」である、と。そういいうことですよね。
 
元々が軽量で、いわば「岡田やバース」のようなタイプではない。(←例え、古!) 62PBとの棲み分けを前提としていたので、ワタシもコイツにその役割は最初から期待してないですし。言ってみればコイツは「篠塚とか立浪」を目指すベースなのです。(←おいおいチーム変ってるし) そう考えたときに、今回の変更は、アリ!

ちなみに、少し「パワー感」も考慮して、ピックアップの高さを少し上げました。これにより、若干「よそよそしく」感じた音像にグッとプレベらしい「厚かましさ」が足され、音質の面でもバランスがよくなったと思います。

今日はBriefcaseおよびヘッドフォンでのチマチマ確認(笑)だったので、また大音量で試すと違う印象になるかもしれません、ということをお断りしつつ。

はー。疲れた。けど楽しかったな。とりあえず改造計画一気に3本、大成功?でした!

free06

BGM : 「A Change Is Gonna Come」 Sam Cooke

| comments(4) | trackbacks(0) | 01:29 | category: FreedomCGR PB type |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:29 | category: - |
コメント
私もGBR640に換えようと何度も考えて足踏みしてます。
良い結果が出ない予感がしまして。
でも他の人が交換しているのを見ると刺激されて自分でも確かめて見たくもなりますね〜♪
| マチャ | 2010/08/29 6:09 PM |

>マチャ さん
ヘッド落ちのウェイトバランスにお悩みでしたらペグを軽くするか、ストラップピンの位置を工夫して延ばすか、(はたまたネックリシェイプ?!)しか手はないような...。(ブリッジを重くする、という手もあるのか...でもそっちのが音変っちゃうと思います...) 個人的には640は試してみる価値はあるのでは?と思いますです〜。
| nyakkeee | 2010/08/30 8:10 AM |

5弦のFreedomは元から軽量ペグが付いていますが、私の持っている個体はそれでもヘッド落ちします(汗)。

ピックガードを外したら全てのビス穴が丁寧に面取りしてあって、感動物です。

そして私のFreedomも塗装の薄さゆえ、入手後一年足らずでもうあちこちに傷が見受けられます。
まぁ、これも味として受け止めていますが・・・。
| F-nie | 2010/08/30 9:40 PM |

>F-nie さん
そもそもボディが軽いんですね。あとはネック自体の質量があるということですね。
ビス穴、こういうところは日本人ならではの細かいワザ、という気がしますね。ふと気づいたときに嬉しさ倍増。(笑)
塗装剥げは味です!ラッカー万歳!! と言いたいところですが。この暑さで?先日62PBの塗装が溶けました...。(泣)
| nyakkeee | 2010/08/30 10:50 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/176
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links