045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< お尋ねBass ?!(Oh!Dennis!) | main | BASS CENTER Shibuya 最後の日 >>
# Les 5-4-3-2-1 復活!

@新宿MOTION。3月に続いて、祝レ・ファイヴ復活!サリー久保田氏のベースはブイブイだ。HITOMIちゃん歌上手くなったな。当時のコンセプトは「おフレンチ」(「ジャズる心」、だしね。)と「ブリティッシュ」(マンフレッド・マン、だしね。) と「筒美京平」といったところだったと思うけど、今回はバンドが強力で、コンセプト云々はもうどうでもよくなるゴキゲンなLIVEでした。「キューティー・ハニー」も演ってくれたし。(←くぅちゃんよりこっちが先だぜ)新曲もあったし。今の方がイイかも。や、マジで。またLIVE演ってください〜!

今日は名古屋の「ぶどう÷グレープ」の主催?イベントだったのですが、「ぶどう÷グレープ」のメンバーが元「バケラッタ」の方だったとはビックリ&ナルホド、でした。(80年代末〜90年代初頭?)当時P-MODELやナゴム周辺で「大阪のモノグラム」「名古屋のバケラッタ」は名の知れた存在でしたですよ。「テクノ・ポップ魂は永遠」ということかー。

で、何故か客席に中村達也さんの姿をお見かけし、「はて、誰を観に来たんだろう?」と思っていたら、その「元バケラッタ」のメンバーさんがさらにその前に組んでいた「ショッカーズ」というバンドを2曲だけ、こちらも再結成ということで、なんとそのドラムが達也さんだった、というワケで。達也さんの歴史の中ではちょっと意外な路線(ブリティッシュ・ビートを基調としつつちょっとNW入ったシンプルな3ピース・ロックといった感じ?)、でもなんか得した気分でした。(笑)

今回は写真ナシ!


BGM:「un」Les 5-4-3-2-1 ♪
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:43 | category: 日常(LIVE編) |
# スポンサーサイト
| - | - | 03:43 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links