045 to 105 - ROCK と BASS GUITAR の BLOG -

所有楽器を中心に<エレクトリック・ベース>に関するあれこれ、
CD、DVDやLIVEなど<ROCK (70's Punk/New Waveから現在まで)>に関するあれこれ、などを。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< あきらめもかんじん。 | main | 4番打者:Fender Jazz Bass 1963 (その4) >>
# アンプ増幅。(番外編)
 
新しくアンプを入手しました。(嬉)


sansui1

SANSUIです。(笑)

73年に発売された、当時のフラッグシップ・モデル。これまで使用していたのが
やはりSANSUIで80年代後半のモデルでしたので、楽器の趣味同様、さらに
遡っています。(苦笑) ちなみに初めてコンポに手を染めたのは80年代中頃だと
思いますが、初号期もSANSUI。「アンプはサンスイ」という刷り込みはなかなか
消えないようです。(笑)
過去エントリにも書きましたが、本当はLuxmanあたりのオールド真空管に手を
出してみたかったのですが、やはり高いですし、先日の銀パネBassmanの例も
あり、今回はためらってしまいました。...真空管の道はまだまだ険しいぞよ。

まず見てくれがヨイですよね〜。古いUREIやFAIRCHAILDなどのスタジオ機材の
デザインとか本当に好きなんですけど、近いツボがあります。近年、電気製品の
インターフェイスはシンプルになり、それはそれで好きなのですが、ほとんどの
操作はリモコンで行うようになり。個人的にはアレって非常に怖い。「リモコン
壊れたら...」「無くしたら...」と思うとゾッとします。こちらはレコード/カセット
時代の産物ですので、ハイ/ローカットのフィルターや、テープダビング時に便利な
機能など、現在では不要な機能も多いのですが、アナログなツマミやレバーでの
操作はとても安心感があります。(笑) 操作感も安っぽくなく、とても良し。

サウンドに関してですが、EQがまたイカしているんですよね。

sansui2

BASS/MIDRANGE(←この表記もグー)/TREBLE 、「0を中心に右に回すと
3dbステップで強くなり、左に回すとやはり3dbステップで弱くなります。」
で、下のツマミはそれぞれの帯域のヤマを設定(および回路カット) できる、と。
わかりやすいし、いろいろ遊べます。勉強にもなるなぁ。でもワタシはいつも
EQカット。(笑)

以前のに較べると重心が少し上がったかな?キックの重みよりもベースの存在感が
前に出てくる印象です。ちなみにまず最初のリファレンスはバカのひとつ覚えで『aja』(爆)。
次にTHE BANDマニアの知人曰く「決定版!」とお墨付きの『THE BAND (2nd)』 Audio
Fidelity社の24k GOLD HDCD ver.。もとからかなりダンゴ状態で中域ブリブリな音盤
ですが、これはちょっとワケ判らないことに。(泣)

ということで、こちら方面もいろいろと試行錯誤していきたいと思います。
楽器にしてもそうなのですが、やはり基本的に60〜70年代の音楽が好きだから
当時の機材に興味が向いてしまう、というごく自然な摂理。マニアックに追求する
つもりはありませんが、やっぱり楽しいな。(笑)

あとこれは想像ですが、やはり日本のオーディオ業界全盛期って70〜80年代だった
のかなって思います。もちろん現在まで技術の革新は続いていますし、今後も続いて
いくのですが、世の中的にはマニアの方を除く一般ユーザーのオーディオに対する
関心はどんどん下がっているような気がします。(というか、音楽と同じで「満足
レベルが下がっている」というべきか。) なので、この時期のモデルは技術屋さんの
心意気も、企業としての理念(というかぶっちゃけお金の掛け方?) も、今とは
較べものにならないんじゃないかなー、と。製造業の片隅に属する音楽愛好家と
しても...思うワケです。


sansui3 BOSE1 sansui4

ちなみにCDプレーヤーは2台目の「DENON」。
スピーカーは住宅事情により「BOSE」のトールタイプ。(←この選択肢はPJBにも
通じますな....ホントは旧いJBLを試してみたいっすよ。/泣)
オリジナルの取説もイカしてる。回路図なども載っていてスゴいなー。

えー。
ココは「ROCKとBASS GUITAR」のブログでございまして。
オーディオに関しては(も)非常にアサハカな考察でございます。
オーディオ・マニアな方がたまたまお初にご覧になってしまったら...スミマセン。


BGM :「ROCK AND ROLL OVER」 KISS ♪ (初めて買ったLPはコレね)

| comments(5) | trackbacks(0) | 07:58 | category: Gears |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:58 | category: - |
コメント
うおーかっこいいアンプ!絶対昔の方がかっこいいです。

リモコンの件よくわかります、うちのCDプレーヤーもリモコン死亡しました。とても不便です。
| CYCO | 2010/03/25 2:00 PM |

bob dylan は見に行かないのですか?
| | 2010/03/25 4:56 PM |

>CYCO さん
かっこいいですよねー。(早くも親バカ)
見た目(デザイン)って大事ですよねー。

ウチはCDプレーヤーはイジェクトとプレイボタンくらいしか使わないので概ね問題ないのですが(笑)、以前エアコンのリモコンが壊れたときはこりゃ難儀でした...。

>? さん
ボブ・ディランはどうしようかなーと思っているうちチケット売り切れてました。でもギターを弾かないディランってやっぱりなんか違和感ありますよね。。。
| nyakkeee | 2010/03/26 1:08 AM |

コメントをいただき、有難うございます。
いつもブログを楽しく拝見させてもらってます!
何人かのベーシスト様たちのブログを日々チェックしているんですが、
誰もBOB DYLANのことに触れている人がおらず、悲しい気持ちになり、
書かれている内容とは全く関係ない質問をしてしまいました。失礼いたしました。
確かにキーボード??って気持ちは分かります。
でも生で神様に会えるんならいいんです!!
数曲ギターも披露してくれますし。
私はDYLAN様を崇拝する、62年製ジャズベ愛好家です。
これからもブログ楽しみにしています。
| | 2010/03/26 11:03 AM |

>?さん
いつも拙ブログをご覧いただきありがとうございます。
なるほど、そういうことだったんですね。なかなかベース・ブログというカテゴリーでディラン・ネタに触れる人は少ないかもしれませんね...。ワタシも94年の来日は観に行きましたよ。
アルバムでは「HARD RAIN」がフェイバリットで、一時はRolling Thunder Reviewオタクかというくらい関連商品を集めました。で、あのアルバムのベースはちょっと完コピしたいですね。(笑)
| nyakkeee | 2010/03/27 9:13 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://045to105.jugem.jp/trackback/123
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links